ニセコは若い - ニセコ生活

遊びに来ていた二人とニセコヴィレッジゴルフコースでラウンド。二人は貸しクラブでラウンド。一ラウンドなら九州から自クラブを送るよりは安上がりか。二人とも久しぶりのゴルフのようだ。一人の方は中々前に飛ばない。21年生まれだと言うが、顔は若く感じる。が、プレイ動作、歩き方がその年代。それに比較するとニセコの同年代の皆さん、浜ちゃんやサッチーさんは若いな。どれだけ仕事をするかよりはどれだけ遊ぶかで若さを保てるのか。ゴルフをしていて体力の衰えは感じるが、ニセコの皆さんは元気だなと。

仕事の関係でハーフラウンドで俺は離れたがニセコのゴルフを楽しんでくれたろう。アルコールも飲めなくなる、ゴルフの勢いもない、そのような年代になってきたがいつまでも楽しく酒が飲めて、ゴルフが出来る、そんな体力を保持したいなとつくづく思う。

今年の新しいチャレンジとしてマスターズ陸上にエントリーした。肩が強いことから砲丸投げやり投げ、試しに100メートルにエントリーした。ほんの少しは練習したが、今回は参加するのみ。どのようなモノなのか調べるくらいだ。今後やっていけるのか1回で挫折するのか、とにかくチャレンジだ。100メートルにもエントリーしているが最後まで走れるかどうか分からない。今の俺が100メートルをどのくらいで走れるのか、それを知りたいだけだ。

砲丸投げを練習したが、見よう見まねだ。中学の体育の時間に投げただけだろう。やり投げなんて初めてだ。20メートルも投げられない。槍が刺さらない。とにかく、今日小樽でデビューするがマスターズ陸上ってどんなモンなのか。ちょっとは興味がある。怪我しないで帰ってくることを目標とするか。

7月1日朝。